ポリスからソロでの出発 STING(スティング) - THE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)

THE POLICE(ザ・ポリス)の活動休止





1983年のTHE POLICE(ザ・ポリス)のアルバムSYNCHRONICITY(シンクロニシティー)は大ヒット作品となった。
その中からEVERY BREATH YOU TAKE(見つめていたい)が ビルボード誌シングルチャートで8週連続No.1
加えて年間チャートでもNo.1を獲得した。
そしてアルバムもビルボード誌アルバムチャートで、17週連続のNo.1を記録。
名実共にトップアーティストになったのだ。

 

しかし、ザ・ポリスの3人のうち、Sting(スティング)とStewart Copeland(スチュワート・コープランド)の不仲のため、バンドは1984年に活動を停止
まったくもってもったいないと思ったが、その後はそれぞれがソロの活動へ専念することになる。

ソロアルバムの制作

スティングはソロアルバムを制作、1985年にリリース。
先行シングルはIF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE(セット・ゼム・フリー)。
MTVでPVがかかってそこで見えたのはスティングがベースではなくギターを弾きながら歌っている姿だった。

 

それを見て、本当にポリスは終わったんだな、と実感した。

 

バンドからソロ活動を始めると、その音楽性は2種類に分かれると思う。
バンドとほぼ変わらない音を作る人と、全く違う音を作る人だ。
バンドにいるときに自分のやりたい音を出していた人なら、恐らく前者のようになるだろう。
しかし、そうでない人は、後者のほうになってしまう。

 

僕が見るにスティングは後者だったんだろうと思う。
先行シングルで聞こえて来たのは、ポリスとはだいぶ音使いが異なっていたからだ。
でもポップでいい曲であることには違いない。
そこで僕はLPを購入することにした。

 

では今日は、1985年リリースの、STING(スティング)の1stソロアルバム、THE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)をご紹介したいと思います。

THE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)の楽曲紹介

アルバムのオープニングは、IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE(セット・ゼム・フリー)。

 

ジャズミュージシャンが集まって作られたアルバムのオープニングとして、ジャズっぽい雰囲気を少し漂わせている。
でも、基本はポップなロックに聴こえる。
スティングはジャズとロックの融合をやりたかったそうだが、それが幾分垣間見られる楽曲になっている。

 

スティングはこの曲を、1983年の大ヒット曲、“見つめていたい”への“解毒剤”として書いたそうだ。
“見つめていたい”、は一見ラヴソングのように見えつつも、実は愛する人の一挙手一投足を見つめているストーカー的な愛を歌っていた。
今回の歌は、もし誰かを愛したら、束縛しないで解放してごらん、というメッセージが含まれてます。

 

でも、難しく考えずとも、ポップないい曲だったことには変わりありませんでした。

この曲は先行シングルとしてリリースされ、ビルボード誌シングルチャートで第3位を同誌Mainstream Rockチャートでは3週連続No.1を獲得してます。

 

2曲目はLOVE IS THE SEVENTH WAVE(ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ)。

 

ポリス時代もレゲエの楽曲は含まれていたが、この曲も結構本格的なレゲエサウンドである。
とても優しい歌だ。
しかし、こんな曲が2曲目に来ると、だいぶ僕の理想のポリスから遠ざかるようで、ちょっと戸惑ってしまう。

 

この曲はアルバムからの2ndシングルとしてカットされ、シングルチャート第17位を記録している。

 

3曲目はRUSSIANS(ラシアンズ)。

 

荘厳な雰囲気のこの曲は、冷戦時代の2大国の問題について歌った歌だ。
相互理解ができないまま互いを冷酷な敵とみなしているわけだが、その途中の歌詞で非常に考えさせられた部分がある。

“I hope the Russians love their children too”

「ロシア人も自分たちの子供たちを愛してることを望んでいる」っていう意味だ。
結局米ソ、どちらも子を思う気持ちに変わりはない普通の人間なのだ。
そういう理解があれば互いを葬り去る、という前に、互いに理解し合うことができるんじゃないか、というメッセージに思えて、スティング、すごい、と思った覚えがあります。

 

アメリカでは反戦歌は売れないというジンクスを破り、4thシングルとしてカットされたこの曲は、シングルチャート、第16位を記録しました。

 

4曲目は、CHILDREN CRUSADE(チルドレンズ・クルセイド)。

 

この曲は、第一次大戦で犠牲になった若者たちと今麻薬問題で問題を抱えている若者とについて歌った社会問題に関する歌だ。
シリアスで重々しい雰囲気の楽曲だ。
途中のサックスが悲しく聴こえる。
曲としてはいい曲なのだが、歌詞を知ると、なかなか重くて軽々しく聴けない気がしてくる。

 

5曲目はSHADOWS IN THE RAIN(シャドウズ・イン・ザ・レイン)。

 

ポリス時代の楽曲のカバーだ。
原曲よりもかなりテンポアップして、ジャジーなノリに変わっている。
かなりスロウで単調な原曲より、個人的には断然こちらがいいと思える。
非常にノリの良い、スティングのヴォーカルが鬼気迫るものがあるとはいえ素敵なポップソングだ。

 

6曲目はWE WORK THE BLACK SEAM(黒い傷あと)。

 

炭鉱で働く労働者の問題を扱ったこれまた社会問題を扱った歌だ。
たんたんと進むメロディとアレンジは決して暗くはないが、スティングの歌い方が、深刻さを物語っている。

 

7曲目はCONSIDER ME GONE(コンシダー・ミー・ゴーン)。

 

これもベース音を中心にたんたんと進むジャズっぽい楽曲だ。
落ち着いた曲で、大人が楽しむ系の曲ではなかろうか。

 

8曲目はTHE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)。

 

これこそジャズソング、って感じのインストゥルメンタル。
短いが、ジャズも楽しそうだなって思わせてくれる楽曲だ。

 

9曲目はMOON OVER BOURBON STREET(バーボン・ストリートの月)。

 

これも非常にジャズっぽい曲だ。
スティングのヴォーカルとサックスがからみ、素敵な雰囲気を醸し出している。
ベースラインがはっきりと聞こえるところが好ましい。
非常に雰囲気たっぷりのいい曲です。

 

アルバムラストはFORTRESS AROUND YOUR HEART(フォートレス・アラウンド・ユア・ハート)。

 

これはこのアルバムの中で一番大好きだった曲だ。
こうして改めて聴くと、恐らく、この曲が一番ポリスっぽいから僕は好きだったんだろうと思う。
ポリスのアルバムに入ってても全く問題なく溶け込むだろう。

 

この曲はアルバムからの3rdシングルとしてカットされ、ビルボード誌シングルチャートで第8位、同誌Mainstream Rockチャートでは2週連続のNo.1となっている。

まとめとおすすめポイント

1985年リリースの、STING(スティング)の1stソロアルバム、THE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)は、ビルボード誌のアルバムチャートで第2位、アメリカだけで300万枚を売り上げる大ヒットとなりました。

 

また、獲得は出来なかったものの、グラミーの最優秀アルバム賞、最優秀男性ポップボーカルパフォーマンス賞、最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム賞などにノミネートされるなど、非常に高く評価されたアルバムとなっています。

 

僕は当時、LPを購入し、カセットに入れて何度も聴いていたことを思えている。
が、今回、楽曲についてこれほど語れないとは、ちょっと自分でびっくりである。
もちろん、歌詞を深く読めるほどの読解力がないのも一つの理由だろうが、やはり、ジャズに関しては造詣が深くないというのも一因だと思える。
ジャズは聴いて心地よいので、このアルバムも聴いてはいたが、ジャズについて語れるほどの知識は持ち合わせていないのだ。

 

そもそも、スティングのソロと聞いて、ポリス系の曲を聴けるかも、というかすかな期待のうちに購入したアルバムなので、そういう意味では期待はずれではあった。
ラストの曲を除いて、アルバム全体を彩るジャジーな楽曲は、僕の守備範囲外だったのだ。
それでも当時繰り返し聴いてたというのは、詳しくはわからなかったものの、この新たなジャンルで歌うスティングを気に入っていたことには違いなかろう。

 

というわけで、ポリスを期待する人には残念ながらこのアルバムはおすすめできない
が、ジャズとロックの融合した、洗練されたポップスを愛する人には、非常に優れたアルバムと言えるだろう。

 

スティングがポリスを卒業した歩みの第一歩となるアルバム。
機会があればお聞きください。

チャート、セールス資料

1985年リリース

アーティスト:STING(スティング)

1stアルバム、THE DREAM OF THE BLUE TURTLES(ブルー・タートルの夢)

ビルボード誌アルバムチャート第2位 アメリカで300万枚のセールス

1stシングル IF YOU LOVE SOMEBODY SET THEM FREE(セット・ゼム・フリー) ビルボード誌シングルチャート第3位、同誌Mainstream Rockチャート3週連続No.1

2ndシングル LOVE IS THE SEVENTH WAVE(ラヴ・イズ・ザ・セヴンス・ウェイヴ) シングルチャート第17位

3rdシングル FORTRESS AROUND YOUR HEART(フォートレス・アラウンド・ユア・ハート) シングルチャート第8位、同誌Mainstream Rockチャート2週連続のNo.1

4thシングル RUSSIANS(ラシアンズ) シングルチャート第16位 Mainstream Rockチャート第34位

最後まで読んでくださりありがとうございました。ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!
 ↓ ↓ ↓