ボノの魂の叫びとシンプルなバンドサウンド U2 - THE UNFORGETTABLE FIRE(焔)

U2との出会い





1984年、1曲のPVと出会う。
バンド名はU2、曲はPRIDE(IN THE NAME OF LOVE)(プライド)だ。
とてもシンプルなバンド構成なのだが、ジャキジャキと刻まれるギターの音色は、そのバンドサウンドに大きな厚みを加えていた。
それは、これまでに聴いたことのない独特な音で、非常に興味を惹かれた。
そして、また、ヴォーカルにも魅了された。
魂を込めたそのヴォーカルは非常に力強く、訴えるものがあった。

 

友達に聞くと、U2はめちゃめちゃいい、と教えてくれ、カセットにそのときのアルバム、THE UNFORGETTABLE FIRE(焔)を録音してくれた。
また一つ新たなロックの一面を知ることになる。

U2とは

1976年、アイルランドの首都ダブリンにあるマウント・テンプル高校の掲示板に、ドラムをやっていたLarry Mullen, Jr.(ラリー・マレン・ジュニア)がバンドメンバー募集の張り紙を出した。
Bono(ボノ)、Adam Clayton(アダム・クレイトン)、The Edge(ジ・エッジ)とその兄ディック・エヴァンスの4人が募集に応じ、5人でバンド活動を始める。
その後ディック・エヴァンスが脱退。
1978年には残りの4人で、バンド名をU2とし、その活動を開始する。
この4人は2017年現在の今まで一度も変更なく、解散もなくきているので、奇跡のバンドとも呼ばれている。

 

まったくこの4人が同じ高校に在籍していたというのもミラクルなのではなかろうか。
4人によるバンドアンサンブルは世界的な成功へとつながっていくのだ。

 

バンドとしてのデビューは1980年、アルバムBOY(ボーイ)からだ。
Steve Lillywhite(スティーヴ・リリーホワイト)のプロデュースによるこの作品は、全米で第63位100万枚のセールスを記録、全英では第52位だ。
荒削りではあるものの、タイトでストレートなギターバンドサウンドは海外進出のきっかけともなった。

 

翌年発表された2ndアルバムOCTOBER(アイリッシュ・オクトーバー)は内省的な作品となり、少し地味なアルバムとなっている。
チャート的にも振るわず、全米で104位と苦戦。
全英では第11位を獲得している。
テーマが煮詰まってなくて散漫な印象を与えるものの、結果的に次のアルバムへの橋渡しにはなっている、という評価も見受けられる。

 

そして1983年リリースされた3rdアルバム、WAR(闘)で世界的に大ブレイクを果たすことになる。
NEW YEAR’S DAY(ニュー・イヤーズ・デイ)やSUNDAY BLOODY SUNDAY(ブラディ・サンデー)などのヒット曲を出し、全米で第12位、全英ではNo.1を記録した。
とりわけこのアルバムでは、メッセージソングが多く含まれ、「社会・政治問題に積極的に関わるロックバンド」としての立場を決定付ける作品となっている。

 

ここまでの3作品のプロデュースはスティーヴ・リリーホワイトによるもので、リズム隊がはっきりしているのが特徴と言えるだろう。
アダムのベース、ラリーのドラムがソリッドで武骨な手堅いバンドサウンドを作っている。
その上にジ・エッジの空間的なギターが彩り、そして熱いボノのヴォーカルが魂の叫びをぶつける。
こうしたU2の基本となる音楽性はこの3作で確立されたと言える。

 

そして、さらにこの先洗練されていくのだ。
その一歩が次の1984年の作品、4thアルバムTHE UNFOGETTABLE FIRE(焔)だ。
ここにおいて、初めて僕はU2と接する。
そこで聴けたのは、熱くてクールな力強いバンドサウンドだった。
今回はプロデューサーがBrian Eno(ブライアン・イーノ)に変わっている。
彼はアンビエント音楽(環境音楽)の先駆者であり、これがU2に新たな魅力をもたらすことになるのだ。

 

では1984年リリースのU2の4thアルバム、THE UNFOGETTABLE FIRE(焔)をご紹介します。

THE UNFORGETTABLE FIRE(焔)の楽曲紹介

アルバムのオープニングを飾るのはA SORT OF HOMECOMING(ソート・オブ・ホームカミング)。

 

リズム隊は相変わらず武骨なリズムを刻んでいる。
そしてジ・エッジのギターも独特の寒々しい雰囲気をかもし出している。
その上にのっかるボノのヴォーカルはやはり熱い。

 

さっと聴くとU2らしい楽曲と言えるが、過去の作品と比べると大きく異なっていることがwikiでも指摘されている。
ドラムはポリリズム(拍の一致しないリズムが同時に演奏されることにより、独特のリズム感を出すこと)を使ったシャッフルが採用されている。
また、ジ・エッジのギターは以前ほど強調されておらず、楽曲に溶け込むようにミックスされている。
こうした変化は些細なことかもしれないが、アルバム全体を通して聴くと、その雰囲気に大きな違いをもたらしていることに気付くことができる。

 

難しいテクニックは差し置いても、このオープニング曲は哀愁漂うキャッチーでかっこいい楽曲であることに違いはない。

 

2曲目はPRIDE(IN THE NAME OF LOVE)(プライド)。

 

僕が初めてU2に接した名曲だ。
この曲は公民権運動の指導者で暗殺されてしまった、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアに捧げる曲だ。

 

イントロの響き渡るジ・エッジの独特のギターフレーズが印象的だ。
また途中のディレイたっぷりのバッキングアルペジオもすばらしい。
これが武骨なドラムとベースとからみあい、見事なU2サウンドが完成している。
そしてボノの情熱的なヴォーカルも忘れてはならない。
彼のヴォーカルは、心の奥底からの叫びのように聴こえる。
U2でしか聴けない、シンプルでソリッドなロックである。

 

この曲はアルバムの先行シングルとしてリリースされ、ビルボード誌シングルチャート第33位、同誌Mainstream Rockチャートでは第2位をマークした。

 

3曲目はWIRE(ワイヤー)。

 

ディレイをうまく使ったギターリフのイントロがなんとも言えない不思議な魅力をかもし出している。
そして、バンドの勢いを表す疾走感あふれる楽曲になっている。
この曲でボノはドラッグに対する相反する感情を表そうとしている。
ファンキーなドラムに、時々はじけるベースサウンド、そして全編を彩るジ・エッジのギター。
スピード感があり、スリリングな楽曲だ。

 

4曲目はTHE UNFORGETTABLE FIRE(焔)。

 

タイトルは忘れがたい焔(ほのお)の意味だが、広島・長崎への原爆投下を生きのびた被爆者達が描いた絵画のタイトルである。
シカゴ平和博物館でこの絵を見て触発され作られた曲だ。

 

ドラマティックな展開と、ストリングスに包まれるようなアレンジ。
この辺にブライアン・イーノのアンビエント音楽の影響が色濃く反映されている。
そしてその合間にジ・エッジの空間的なギターも舞っているし、アダムとラリーのリズム隊もしっかりと存在をアピールし、U2としての枠を超えてはいない。

 

この曲は2ndシングルとしてカットされ、ビルボード誌シングルチャートは圏外となっています。

 

5曲目はPROMENADE(プロムナード)。

 

ゆったりとしたリズムの中でボノの優しいヴォーカルが歌い上げる。
全体的にジ・エッジのディレイのかかったギター音がちりばめられている。
アダムのベースがロングトーンで曲を彩っている。
美しいバラードである。

 

6曲目は4TH OF JULY(7月4日)。

 

スタジオセッションの終わりに、ブライアン・イーノはたまたまアダムが何気なくベースを弾いているのを耳にした。
そのフレーズを気に入ったイーノはすぐに録音した。
そして、ジ・エッジはそれが録音されているのを知らずに、そのベースフレーズにギターで音を重ねていった。
最終的に少しイーノが手を入れてこの曲が完成した、ということらしい。

 

最初はアメリカの独立記念日に関するインストかと思ったら、アルバム製作中に生まれた、ジ・エッジの娘の誕生日だった。

 

7曲目はBAD(バッド)。

 

これはアルバムを代表する楽曲だ。
静かにジ・エッジのディレイのかかったイントロから曲は始まる。
ボノはささやくように歌い始める。
途中からベースとドラムが合流し、たんたんと曲は進んでいく。
そして、ボノの高い“ほっほー”という叫びに続いて大サビだ。
ボノの力強いヴォーカルは心を揺さぶる
やはり、これこそ魂の叫びと言えるのではないだろうか。
次の作品WITH OR WITHOUT YOUの元となったとも言える素晴らしい楽曲だ。

 

8曲目はINDIAN SUMMER SKY(インディアン・サマー)。

 

このアルバムの中では一番過去の作品の作風に近いのではなかろうか。
ソリッドで硬派なロックを聴かせてくれる。
U2らしいいい楽曲だ。

 

9曲目はELVIS PRESLEY AND AMERICA(プレスリ-とアメリカ)。

 

プライドや次のラストの曲がマーティン・ルーサー・キング・ジュニアについての歌だったり、この曲ではエルヴィス・プレスリーとアメリカについて歌うなど、当時の彼らはアメリカへの強い憧れがあったものと思われる。
その感覚は次のアルバムTHE JOSHUA TREEでも引き続き見られる。
アメリカ文化への接近の出発点となったのがこのアルバムなのである。

 

アルバムラストはMLK~マーティン・ルーサー・キング牧師に捧ぐ。

 

この曲は、アンビエントなBGMに乗せて、ボノの独唱となっている。
キング牧師に向けて、ボノが感情を込めて歌い上げてます。
短い曲ながら、アルバムを締めくくるにふさわしい曲になってます。

まとめとおすすめポイント

1984年リリースのU2の4thアルバム、THE UNFOGETTABLE FIRE(焔)は全米チャート第12位、アメリカで300万枚、世界で800万枚を売り上げました。

 

今回はプロデューサーをブライアン・イーノに変えて、大きく作風を変化させたアルバムで、楽曲はこれまでの3作品と比べると、おとなしくマイルドな印象があります。
ラフで少し攻撃的だった以前のサウンドを求める人たちは意表をつかれたかもしれません。

 

レコード会社はブライアン・イーノの起用により、せっかくの大成功のチャンスが台無しになると反対したのですが、バンドは押し切り、このアルバムをリリースにこぎつけます。
賛否両論あったものの、ある程度の成功を収めることはできました。

 

僕はこのアルバムで初めてU2に触れた者なので、これぞU2という強い好印象しか持ってません。
ラリーのドラムが力強いリズムを刻み、アダムのベースがしっかりとバンドの芯を支えています。
そしてその上にジ・エッジの切り裂くような鋭いギターリフが、ディレイとあいまって見事な雰囲気を作り出してます。
最後はボノの力強い、魂の叫びと言えるヴォーカル。
わずか4人編成のバンドで、これだけのものを生み出せるのだ、と驚かされます。

 

また、今回はイーノのプロデュースで、楽曲を時に幻想的に、時にシリアスにアレンジがされていて、曲がさらにブラッシュアップされていると僕は思います。
かといって80年代流行のオーバープロデュースではありません。
ちゃんとU2の魅力である、ソリッドでシンプルなバンドサウンド、という部分ではぶれてません

 

次の超大ヒット作、THE JOSHUA TREEに向けての一歩として、とてもよく出来たアルバムだと思います。

 

シンプルで熱いのに、非常にクールなバンドサウンドをお楽しみください。

チャート、セールス資料

1984年リリース

アーティスト:U2

4thアルバム、THE UNFOGETTABLE FIRE(焔)

ビルボード誌アルバムチャート第12位、アメリカで300万枚の世界で800万枚のセールス  (全英チャートNo.1

1stシングル PRIDE(IN THE NAME OF LOVE)(プライド) ビルボード誌シングルチャート第33位、同誌Mainstream Rockチャート第2位

2ndシングル THE UNFORGETTABLE FIRE(焔) シングルチャート圏外

最後まで読んでくださりありがとうございました。ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓