聴いて楽しいハードポップ WARRANT - DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH(マネー・ゲーム)

WARRANT(ウォレント)との出会い





1980年代は様々なHM/HRのバンドが出てきた。
僕はヘヴィメタルというと、ちょっと引いてしまうのであるが、ハードロックというと、それこそ大好物なジャンルであった。

 

LAを中心とする西海岸出身のバンドはそれこそ“大漁”のような勢いで世間にあふれていた。
そんな中出てきた、WARRANT(ウォレント)というバンドもその中の一つで、僕は興味を示し、聴くことにした。

 

ウォレントはロサンゼルスを拠点とするグラム・メタルバンド、いわゆるヘアメタル、LAメタルという風にくくられるだろう。
見かけも、まさに長髪にグラマラスな容貌、当時の流行のど真ん中だ。

 

1984年にギタリストのErik Turner(エリック・ターナー)を中心に結成され、後にヴォーカルのJani Lane(ジェイニー・レイン)などが加わった。
デビューアルバムは1989年になるが、それまで、多くのメンバーチェンジを繰り返し、LAのクラブシーンなどでの下積みをしっかりと積んでいる。
超陽気なバンドのイメージとは裏腹に、結構苦労を重ねているようだ。

 

しかし、ついに念願かなって、コロムビアレコードと契約、デビューを果たすことになる。

 

今日は、1989年リリースの、WARRANT(ウォレント)のデビューアルバム、DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH(マネー・ゲーム)を紹介したい。

DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH(マネー・ゲーム)の楽曲紹介

このアルバムは全曲、ヴォーカルのジェイニー・レインによる作詞作曲である。
彼のコンポーザーとしてのセンスにも注目して欲しい。

 

アルバムオープニングは32 PENNIES(32ペニー)。

 

イントロのギターリフにドラムが絡むところから、お気に入りです。
ゆったりリズムのハードロックだが、完全にキャッチーなハードポップと言う方がぴったりかもしれない。
短い曲だが、後半の疾走感あふれる部分は非常にかっこいい。
ジェイニー・レインのヴォーカルも爽やかでとてもよろしい。

 

2曲目はDOWN BOYS(ダウン・ボーイズ)。

 

非常にはつらつとした陽気なロックだ。
キャッチーでノリがよく、爽快な楽曲である。

 

PVも作成されているが、完全に80年代のヘアメタル、グラムメタルの紹介ビデオだ。
彼らの場合、容姿がよいために、音楽性が過小評価されてしまったのだが、それを吹き飛ばすだけの明るさが見られて心地よい。

 

この曲はアルバムの先行シングルとして発売され、ビルボード誌シングルチャートで第27位というなかなかのヒットとなる。
またMainstream Rockチャートでは、第13位まで上がるヒットとなった。

 

3曲目は、BIG TALK(ビッグ・トーク)。

 

シャッフルのノリのある、超ハッピーなポップロックだ。
キャッチーで爽やかで、メロディアス。
ジェイニーの優れた作曲センス炸裂である。
また、ヴォーカルも爽快に歌い上げてて楽しめる楽曲だ。

 

そして特にこの曲ではギターが非常に効果的に使われている。
イントロのドラムに絡んで入ってくるギターのディレイ音がなんとも気持ちいい
またギターソロも、非常にメロディアスで、文句の付け所がない。
超ハイテクギターかといえばそうではないが、楽曲を美しく楽しく彩る点ではぴか一のプレイを聴かせてくれている。

 

この非常に陽気なポップソングは、3rdシングルとしてカットされ、シングルチャートでは第93位に終わったが、Mainstream Rockチャートでは第30位のヒットとなっている。

 

ちなみにこの曲のPVにはアルバムジャケットの超汚い金持ちのおっさんが出てくる。
内容は、まったく意味不明だがライブシーンは楽しめます。

 

4曲目はSOMETIMES SHE CRIES(サムタイムズ・シー・クライズ)。

 

アルバム初のバラードだ。
ジェイニーはバラードを書かせても一流だった。
アルバム中のもう一曲の大ヒットHEAVEN負けず劣らずいい曲だ。
イントロの3連符のギターソロが美しすぎる。
途中のアコースティックなギターリフもきれいだし、サビのコーラスも美しい。
中盤のコーラスによる盛り上がりもいいし、ライトハンド奏法を含めたギターソロも美しい。
転調後の後半も非常に盛り上がっていく感じがグッド。
アウトロのギターもきれいに決まって言うことなしだ。

 

この曲はアルバムからの4thシングルで、シングルチャート第20位をマーク、Mainstream Rockチャートでは第11位まで上昇した。

 

A面ラストはSO DAMN PRETTY (SHOULD BE AGAINST THE LAW)(So・ダム・プリティ)。

 

やっとハードロック来たー!って感じの爽快なロックチューンだ。
ギターリフが非常にかっこよく疾走感を演出している。
ジェイニーはハードロックも書けたし、歌えた。
ギターソロもツインギターを生かした感じで、ギターバトルを繰り広げていて、なかなか良い。

 

陽気というのかわからないが、カラっとした湿り気のない曲で、やはり西海岸の雰囲気が漂っている。
これもノリがよく聴いて楽しい一品だ。

 

B面1曲目はD.R.F.S.R.(マネー・ゲーム (D.R.F.S.R.))だ。

 

これは物質主義について風刺した曲だ。
ちょうど、アルバムジャケットのあの金持ちが対象だ。
ゆったりとした曲だが、ギターソロのパートでスピードアップ
疾走感あるロックンロールに変化する。
そしてもう一度もとのメロディへ。

 

ジェイニーのイントロの叫び声が印象的だし、アウトロでも狂気の入った叫びがあり、なかなか聴かせてくれます。

 

2曲目はIN THE STICKS(イン・ザ・スティックス)。

 

イントロのギターリフとギターソロがクールだ。
サビはやはりポップでキャッチーである。
ギターソロもメロディアスで良く出来てると思いますね。
最後もギターソロで決めてくれてます。

 

3曲目はHEAVEN(ヘヴン)。

 

これは80年代を代表する名バラードの一つと言えるだろう。

 

イントロのアコースティックギターからかっこいい。
盛り上がるにつれ次第にバンドサウンドになる、という曲は他にも腐るほどあるわけだが、やはり僕はどうしてもそういうのを好んでしまう。

 

またこの曲は外注ではなくジェイニーの作品だ。
こんな美しいメロディを80年代の末にまだ出せるのだ、と驚きを禁じえない。
彼のコンポーザーとしての能力はまさに開花したばかりなのである。

 

ギターソロも、コーラスも全てが完璧にそろって、名曲が完成した。
また歌詞も当時ほぼ覚えて歌ってたのを記憶している。
素晴らしい歌詞世界までがジェイニーの才能なのだ。
いいバンドに出会えたとつくづく感じてしまいます。

 

この曲はアルバムからの2ndシングルで、シングルチャートで第2位を記録している。
またMainstream Rockチャートでは第3位と大ヒットパワーバラードとなった。

 

4曲目はRIDIN’ HIGH(ライディン・ハイ)。

 

ギターサウンドが重厚なロックソングだ。
しかし、それでもジェイニーのヴォーカルが入ると爽やかで楽しげに聴こえて来る
サビもキャッチーで陽気な雰囲気だ。
ギターソロも結構派手にやってるし、アウトロのソロも非常にかっこいい。
しかしそれ以上に、サビのヴォーカルとコーラスが目だってしまう。
ギターは、楽曲を盛り上げるために少し引いている感じではある。

 

アルバムラストはCOLD SWEAT(コールド・スウェット)。

 

疾走するほどではないが、ハードなギターサウンドである。
やはり陽気で楽しめる曲だ。
この曲ではジェイニーのヴォーカル力にも注目できる。

 

ギターソロもなかなかな出来である。
アウトロでも弾きまくってばっちりラストを飾っている。

まとめとおすすめポイント

1989年リリースの、WARRANT(ウォレント)のデビューアルバム、DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH(マネー・ゲーム)は、ビルボード誌アルバムチャート第10位200万枚を売り上げた。

 

このバンドの成功の理由は、やはり、ジェイニーのキャッチーな曲作りの才能によるところが大きいのではないかと思う。
当時、雑誌の取材だったと思うが、聴いて楽しめる曲を作りたいと彼は言っていた。
その点は確かに貫いていると思う。

 

HM/HRの中ではやはりその激しい音楽性から攻撃的なものも多いが、ウォレントからはそのような雰囲気は感じられない。
もちろん時にハードな楽曲もあるのはあるのだが、基本ハードロックの土台に積み上げた明るく陽気なメロディなのだ。
もはやハードロック、というよりハードポップというほうが当たっているかもしれない。
ヘヴィロックを期待して聴くと、裏切られる可能性は高いのだ。

 

なので、従来のHM/HRファンというより、一般のロックファンにアピールするのではないかと思う。
ヘヴンを初めとするヒット曲がそのことを示しているといえるだろう。

 

ロックファン、ポップスファンにも通用する、聴いて楽しいハードポップ作品をお楽しみください。
(ただ、アルバムジャケットが一般人をドン引きさせる可能性は非常に高いと思われます・・・)

 

PS:この記事を執筆中、遅ればせながら、ヴォーカルのジェイニー・レインが2011年8月に亡くなった事を知りました。
こうして記事を書いていると、ほんとに彼の才能のすごさに改めて感心していた矢先だったので、非常に残念でなりません。
80年代活躍したアーティストがまた一人消えました。
時代の流れの残酷さが身にしみます。R.I.P.

チャート、セールス資料

1989年リリース

アーティスト:WARRANT(ウォレント)

1stアルバム、DIRTY ROTTEN FILTHY STINKING RICH(マネー・ゲーム)

ビルボード誌アルバムチャート第10位 アメリカで200万枚のセールス

1stシングル DOWN BOYS(ダウン・ボーイズ) ビルボード誌シングルチャート第27位、Mainstream Rockチャート第13位

2ndシングル HEAVEN(ヘヴン) シングルチャート第2位、Mainstream Rockチャート第3位

3rdシングル BIG TALK(ビッグ・トーク) シングルチャート第93位、Mainstream Rockチャート第30位

4thシングル SOMETIMES SHE CRIES(サムタイムズ・シー・クライズ) シングルチャート第20位、Mainstream Rockチャート第11位