超絶技巧集団の3rdアルバム DREAM THEATER - AWAKE

Kevin Moore(ケヴィン・ムーア)の脱退





1992年の2ndアルバムIMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)は、グランジの吹き荒れる中、メタルとプログレの融合が効を奏して大ヒットを記録した。
1994年初頭に次のアルバムの制作に取り掛かるのだが、今回はレコード会社からの大きなプレッシャーがかかっていた。
PULL ME UNDER(プル・ミー・アンダー)のようなヘヴィなヒット曲で成功した前作と同様の成功を期待されたのだ。
彼らの所属するレーベルは、もっとメタル・オリエンティッドなアルバムを制作し、なおかつマーケットに売り込み易いもの、という難しい命題をバンドに課していた。
その理由は、グランジに対抗して起きた、オルタナティヴ・メタルや、グルーヴ・メタルが人気を博していたからであった。

 

このように、もっとヘヴィでダークなアルバムを、という期待に応えるため、John Petrucci(ジョン・ペトルーシ)は7弦ギターを採用、ギターリフ中心の楽曲製作にとりかかった。
また、John Myung(ジョン・マイアング)は同じ理由で、6弦ベースを採用している。
それらは、1stアルバムからの彼らのキャラクターの一つである、メタルとプログレの融合を一層推し進めることになった。
また James LaBrie(ジェイムズ・ラブリエ)も、今回のアルバムに関して、前作以上にバラエティに富む歌い方をし、そして非常に攻撃的な歌い方もしたので、みんな“新しいシンガーをバンドが加入させたと思うかもしれない”とも述べている。

 

こうした、アルバムの方向性は決まっていたが、その中でキーボードのKevin Moore(ケヴィン・ムーア)は一人、違う道を歩もうとしていた
ラブリエは、イメージズ・アンド・ワーズツアーの後から、ケヴィンの態度が変化していたことに気付いていた。
メンバーと距離を置き、一人で閉じこもるようになっていたようだ。
またマイアングも、脱退の知らせを聞いても、予期せぬ知らせではなかったといっている。

 

とはいえ、1985年以来、共に歩んできた仲間の脱退は大きな影響を与えたはずだ。
ケヴィンは彼の作曲のアプローチが変わってきたことを脱退の理由として挙げている。
マイアングは、ケヴィンは彼が音楽的にやりたいことをこのバンドで出来なくなったのでバンドを辞めた、と述べている。
また、バンドのビジネスマネージャーは、長期にわたるツアーのアイディアが、ケヴィンの決断の要因の一つと述べている。
ドラムのMike Portnoy(マイク・ポートノイ)は、音楽ビジネス全体の機械的なところが気に入らなかったのかもしれない、と言っている。

 

いずれにしても、この最後のアルバムを残してケヴィンはバンドを去ったのである。

 

しかし、ケヴィン・ムーアの置き土産として、この3枚目のアルバムの制作までは携わりました。

 

今日は1994年リリースのDREAM THEATER(ドリーム・シアター)の3rdアルバム、AWAKE(アウェイク)を紹介したいと思います。

AWAKE(アウェイク)の楽曲紹介

アルバムのオープニングは6:00(シックス・オクロック)。

 

いきなり、前作とはかけ離れてしまうのでとまどってしまう、ヘヴィな楽曲だ。
やはりギターリフが非常に重くなっている。
ベースのうねうねした感じも、ダークな世界観を演出している。
そしてラブリエのヴォーカルも、確かに別人のようだ
非常に攻撃的なヴォーカルだ。

 

しかし、やってることはドリーム・シアターそのものだ。
ギターソロに絡むキーボードプレイ、その裏でグルーヴするベースサウンド。
多くの変拍子を挟みながらも、完璧にリズムをキープするポートノイのドラムス。
ラストも高速ギターソロで、ばしっと決めている。
聴き込めば、難解なリズムが、心地よく聴こえて来る。
それほど作りこまれたことの証だ。

 

雰囲気はダーク&ヘヴィに変わったが、聴けば聴くほど味が出てくる、ドリーム・シアター節はこのアルバムでも全く健在であった。

 

2曲目はCAUGHT IN A WEB(コート・イン・ア・ウェブ)。

 

浮遊感のあるシンセと、ヘヴィなギターリフによるイントロが印象的だ。
ラブリエのヴォーカルも、かなり力んでいる感じだが、このダークな世界観にぴたりはまっている。
ハイトーンのパートも見事に歌い上げていると思いますね。
中間の間奏部分の各楽器の存在感は相変わらずだ。
マイアングのベースも大事なところでははっきり目立って主張している。
ペトルーシのギターも他の楽器とのユニゾンもばっちりだ。
ケヴィンのキーボードは後半、非常に美しく楽曲を飾っている。

 

サビはちょっと弱い気はするが、前曲からのつながりは完璧な楽曲となってます。
アルバムの目標のダークネス&ヘヴィネスがオープニングの2曲でいい感じに表現されています。

 

3曲目は、INNOCENCE FADED(イノセンス・フェイデッド)。

 

ここで、いったん前作に近い雰囲気のポップでキャッチーな楽曲だ。
イントロが美しいギターソロとなってます。
キーボードが美しく曲を飾ってます。
ラブリエも、ここではのびのび歌っていて、非常に心地よい。
ハイトーンも美しい、見事なヴォーカル力を発揮しています。
ギターソロも、テクニカルに走らずに伸びの良いメロディを奏でてます。

 

そして後半、さすがプログレらしく、楽曲の雰囲気ががらりと変わるインストパートへ
ギターリフからの変化だ。
ここではペトルーシ、弾きまくってますね。
また、前半は普通の楽曲っぽかったが、後半はいつもの変拍子がばりばりと入ってくる。
各楽器が、メロディアスに奏で合う、非常に良く出来たアウトロとなっています。

 

ダーク&ヘヴィなアルバムの中での、一瞬の清涼剤のようないいアクセントとなる楽曲です。

 

4曲目から6曲目までが“A Mind Beside Itself”という組曲になってます。
トータル約20分の曲となってます。

 

4曲目はA MIND BESIDE ITSELF: I. EROTOMANIA(エロトマニア)。

 

まさにプログレッシヴなインストゥルメンタルである。
イントロのシンセがダークな爽快さを与えてくれる。
そこに入り込んでくるへヴィなギターメロ。
変拍子がんがん入りまくりで、ポートノイのドラムも暴れている。
展開が複雑だが、結構わかり易いのではなかろうか。

 

同じメインメロディを異なる楽器で繰り返しプレイしているのは非常におもしろいと思う。
いったん静かになってからの中間部のギターのロングトーン。
その背景のピアノやベースが良く聴こえてよい。
ゆったりのリズムだが、ドラムは何度もテンポを変えて忙しい。

 

そして後半、再びメインのメロディに戻ってからのペトルーシの超絶ギターソロプレイは必聴だ。
弦跳びで高速プレイというハイテクも披露している。

 

アウトロのギターソロのメロディの裏でのマイアングの高速ベースソロも聴き忘れるなかれ、だ。
そして次の曲へと移っていく。

 

5曲目はA MIND BESIDE ITSELF: II. VOICES(ヴォイセズ)。

 

静かに前曲を引き継ぐが、すぐにやはりヘヴィでダークな楽曲へ。
ギターリフがやはり力強く、重々しさを演出している。

 

歌メロに入ると静かに変わる。
ラブリエの、ささやくように歌うヴォーカルが非常に効果的だ。
静と動の入れ替わりがとても楽曲をドラマティックにしている。
ラブリエも、動の部分では攻撃的にも歌いこんでいる。

 

中盤のゆったりとした部分のハイトーンもラブリエはうまくこなしている。
ギターソロは、ワウを踏みながらペトルーシが、ワイルドに弾きまくってます。

 

静と動の楽曲をバラエティ豊かにラブリエは歌いこなしてますね。
やはり、ラブリエがヴォーカルで良かったと、思わせられる一曲となってます。

 

そして、最後はアコースティックなギターのアルペジオにのり、静かに組曲のラストへ。

 

6曲目、A MIND BESIDE ITSELF: III. THE SILENT MAN(ザ・サイレント・マン)。

 

完全にアコギの弾き語りから始まるという、前の2曲と真逆のさわやかなスタートだ。
ラブリエの低音の魅力も十分に感じられる。
非常にメロディの美しいバラードだ。
ラブリエの美しいヴォーカルにペトルーシのコーラスが気持ちよく重なる。

 

ハード&ヘヴィな組曲を締めくくるにふさわしい、美しいバラードである。
短い楽曲だが、この流れで聴くと、抜群の存在感である。

 

7曲目はTHE MIRROR(ザ・ミラー)。

 

怒涛のヘヴィギターリフから始まる楽曲だ。
まさにオルタナティヴ・メタルやグルーヴ・メタルの影響をばりばり受けたヘヴィチューンだ。
ギターリフに、切ないメロディのキーボードが重なるところが異常にかっこいい。

 

ドラムスが疾走のリズムを刻んでも、もとのリズムをキープしてるギターリフなどを聴くと、メタルにプログレがしっかり入っていることがわかる。

 

この曲の作詞はポートノイで、アルコール中毒との闘いを描写したものだ。
それゆえか、ラブリエのヴォーカルが非常に激しさを増している。

 

後半、11曲目のSPACE-DYE VEST(スペース・ダイ・ヴェスト)に出てくるメインメロディがさりげなく挿入されている。
こういう、他の曲とのつながりや、あるモチーフを他の曲で用いるのもドリーム・シアターの特徴の一つでもある。
そういうのに気付くほど聴き込めば、魅力はどんどんと増していくのである。

 

アウトロでは、ベース重低音が響き渡る
そこにキーボードのメインメロが重なり、独特の雰囲気を作り出している。
さらに、ギターのリフが加わり、重量感のあるダークなパートから、ほぼ途切れなく次の楽曲へ。

 

8曲目はLIE(ライ)。

 

前曲からのつながりが非常にスリリングだ。
もともとこの曲は前の曲ザ・ミラーの一部だったようだ。
しかし、ラブリエは、この曲単体でも十分に力強い楽曲だと思い、曲を分けたそうだ。
なので、2曲続けて聴くと、その魅力はさらに深まると言える。

 

それで当然のように、前曲から変わらずにヘヴィなギターリフで押しまくっている相当かっこいい楽曲だ。
語りかけるようなラブリエのヴォーカルと、サビの怒りに満ちたようなヴォーカルとの歌い分けが非常によい。

 

とにかく全体を通して、ペトルーシのヘヴィリフが切り裂くようなリズムを刻んでいる。
それに呼応するかのように、ポートノイのドラムも叩きまくっている。
中間のブレイクのところからのギターソロに入るまでのポートノイのリズム、そしてそこに入っていくペトルーシのギターソロの素晴らしいこと。
ペトルーシの超絶テクを改めて垣間見れる、個人的には今作ナンバーワンと思える素晴らしいギターソロとなっています。
さらに、後半のラストまで一気に弾きまくるプレイもたまりません。

 

ペトルーシのギタープレイの魅力の詰まった楽曲です。

 

この曲はアルバムからの先行シングルで、ビルボード誌のMainstream Rockチャートで、第38位を獲得しています。

 

9曲目はLIFTING SHADOWS OFF A DREAM(リフティング・シャドウズ・オフ・ア・ドリーム)。

 

イントロのベース音ハーモニクス音が非常に美しい。
そこにギターもハーモニクスとディレイで音を重ねていく。
さらにキーボードが加わり、暗いけれど、非常に印象的なイントロを作り上げている。

 

優しく歌い始めるラブリエ、ギターのディレイ音が非常に目立って曲を彩っている。
サビも美しいメロディで、ラブリエが見事に歌い上げている。
ギターソロでは変拍子のリズムに乗せて、不思議なメロディを奏でている。
ラストのサビではコーラスが非常に美しい響きを聴かせてくれる。

 

幻想的で、とてもダークな雰囲気だが、サビで明るい表情を見せてくれる、とても美しい楽曲となっています。

 

10曲目は、SCARRED(スカード)。

 

非常に展開が複雑なため、理解できないという声も多いが、そこを乗り越えてよく聴き込むと非常に良くできたプログレであることがわかってくる。
イントロでは再びベース主導だ。
そこにヴァイオリン奏法でエレキギターの音が加わってくる。
軽いソロが披露されるが、ダークなイメージをかもし出している。

 

ラブリエの低音から始まるヴォーカルはさすがにうまさを感じさせる。
途中から、ヘヴィなギターリフが入ってきて、メタリックな曲へ
それに合わせてラブリエも攻撃的なヴォーカルとハイトーンを聴かせる。

 

そして少しゆったりめのサビに入るが、ギターリフは結構ハードだ。
中間部のヴォーカルパートと再びのサビが終わると、ギターソロコーナーだ。
ヘヴィにざくざくと変拍子の中でリフを刻むうちにソロのスタートだ。
非常に高速で滑らかなメロディを弾きあげる。
その後、キーボードソロパートがありそれに続いてギターソロパート。
やはりどの楽器に関しても一流のプレイを聴かせてくれている。

 

ヴォーカルパートが終わってからのアウトロでのキーボードが非常に美しい
壮大かつ切ないメロディだ。
ケヴィン・ムーア、渾身のドラマティックキーボードパートで曲はフェイドアウトしていく。

 

そしてアルバムラストはSPACE-DYE VEST(スペース・ダイ・ヴェスト)。

 

これはケヴィン・ムーアによる作詞作曲だ。
イントロのピアノプレイから美しく切ない
非常にダークな曲世界は、ケヴィンの当時の心境を表しているようだ。

 

歌メロは大きく盛り上がることもなく、暗い雰囲気をたたえたまま後半に突入する。
ピアノメインの進行にエレキの歪んだギターが加わってくる。
そして、シンセの暗いながらも美しい旋律が曲全体を彩り始める

 

アウトロは、イントロと同じく、ケヴィンの切ないピアノプレイだ。
彼の置き土産となったこの曲で、アルバムは幕をおろします。

まとめとおすすめポイント

この1994年リリースのDREAM THEATER(ドリーム・シアター)の3rdアルバム、AWAKE(アウェイク)はビルボード誌アルバムチャート第32位を記録しました。

 

チャート的には前作を上回ったものの、セールスは半分ほどにとどまっています。
その理由は、やはり前作IMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)が傑作すぎたことがあげられるだでしょう。
とりわけその中にはキラーチューンとも言うべき曲が複数含まれ、キャッチーでメロディアスな楽曲が大勢を占めていた

 

その同じ音楽性を求めたファンにとっては、今回のアルバムはあまりにも過激に変化しすぎたのだ。
レーベルの求めるように、よりヘヴィに、よりダークに、という方向性で作られたこの作品は、全体として非常に暗く、重々しい。
明るい楽曲の多かった前作とは大きく変化したのだ。

 

そこがいまひとつの評価につながったのかもしれない。

 

しかし、僕は決してこの作品が低評価に値するとは思わない
確かに、とっつきにくい世界観ではあったが、聴き込めば聴き込むほど、その魅力があふれてきたのだ。
デビュー時のキャッチフレーズ、RUSH Meets METALLICAメタリカの部分がより一層際立つようになったと感じられる。
ヘヴィでアグレッシヴな演奏に、ラブリエも同じく攻撃的なヴォーカルを聴かせてくれ、非常にメタリックなアルバムになったのは好感が持てる。
前作の延長でポップでメロウな曲ばかりになっていたら、当然前作は上回れないどころか、この作品ほどのクオリティを保つことは出来なかったであろう。

 

決して前作の成功にあぐらをかくことなく、攻めた結果がこのアルバムなのだ。

 

多少、難解な部分もあるのだが、聴き込めば間違いなくはまってしまう、そういう優れたアルバムを作ってくれたと思います。

 

まさにプログレッシヴ・メタルの王道を行く作品を聴きたければ、やはりこの作品、アウェイクをお勧めしたい。

チャート、セールス資料

1994年リリース

アーティスト:DREAM THEATER(ドリーム・シアター)

3rdアルバム、AWAKE(アウェイク)

ビルボード誌アルバムチャート第32位 アメリカで27万枚のセールス

1stシングル LIE(ライ) ビルボード誌Mainstream Rockチャート第38位

 

そしてやはり彼らの魅力は、複雑な楽曲をライヴにおいて再現してしまうことと言えるだろう。
ぜひとも映像で彼らのテクニックを確認して欲しい。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!