テクニカル・プログレッシヴ集団の最高傑作 DREAM THEATER - IMAGES AND WORDS

DREAM THEATER(ドリーム・シアター)との出会い





ギターを弾いてると、いろんな優れたギターリフに出会う。
この時は、ヘヴィリフを紹介したサイトでたまたまクールなリフと出会ったのだ。
曲名はPULL ME UNDER(プル・ミー・アンダー)、非常にシンプルなのに、鋭くヘヴィでとてもかっこよく思えた。
僕はこの曲を演奏しているのがDREAM THEATER(ドリーム・シアター)と知ったとき、おお、なんてことをしてしまったんだ、と思った。

 

1989年に彼らはデビューアルバムを出している。
その時、僕もその情報には触れていたのだ。
だが、ドリームシアター?、夢劇場?、となんかバンド名がいまひとつ魅力的でなかったのと、宣伝で見た1stアルバムのジャケット写真を見て気に入らなかったため、まったくスルーしてしまっていたのだ。

 

それからそのヘヴィリフに出会うまで十数年が経過している。
それまで全くドリームシアターは僕の音楽生活に関わりを持つことはなかったのだ。
今思うとなんてもったいないことをしてたんだ、という気持ちでいっぱいである。

 

しかしそのリフをきっかけに、全てのアルバムをさかのぼり、僕のフェイバリットアーティストの一つになってしまったのだから、どこにきっかけが隠れてるかわからない。

 

とにかく、ちょっとした偏見のために聴かなかったバンドが、実は最高級に素晴らしいバンドだった、という、「食わず嫌いはだめだよ」、という教訓を残してくれた。

DREAM THEATER(ドリーム・シアター)とは

1985年、マサチューセッツ州、ボストンのバークリー音楽院に通っていた3人、John Petrucci(ジョン・ペトルーシ)、 John Myung(ジョン・マイアング)、Mike Portnoy(マイク・ポートノイ)の3人にKevin Moore(ケヴィン・ムーア)が加わり、MAJESTY(マジェスティ)の名前でバンド活動を始める。
1987年にはヴォーカルとして、Charlie Dominici(チャーリー・ドミニシ)が加入、デビューアルバム制作に5人バンドとして動き出す。

 

そして1989年、デビューアルバム、WHEN DREAM AND DAY UNITE(ホエン・ドリーム・アンド・デイ・ユナイト)をリリース。
だが、バンド名、マジェスティは同名のバンドが別に存在していることがわかったため、ポートノイの父親の提案でドリーム・シアターに変更してついにデビューとなる。

 

このデビューの時点で、キャッチフレーズとして“RUSH Meets METALLICA”と言われていた。
プログレッシヴなRUSH(ラッシュ)がMETALLICA(メタリカ)のようなメタルをやったような音楽ということだ。
後に山のようにこのジャンルのバンドが出てくるのだが、このプログレッシヴ・メタルというジャンルを切り開いたのはドリーム・シアターという認識で間違いないでしょう。

 

1stアルバムの時点で、既に彼らの高品質なテクニカルメタルサウンドは確立されており、デビューとはとても思えないプレイを披露している。
ただ、演奏がすごすぎるゆえに、ドミニシのヴォーカルが弱いと言われてしまうのは、まあ、仕方ないか。

 

それでも、技巧派のバンドでありながら、聴き易いナンバーも多数あり、僕は結構好感を持って聴いている。
ただ、その次のパーマネントヴォーカリストのラブリエと比較すると、ヴォーカルの力量は落ちてしまうのは仕方ないが、それを差し引くと結構いいアルバムだと思える。
すでに超絶技巧はアルバム中にちりばめられているのだ。

 

で、アルバムリリース後、そんなに経たないうちに、チャーリー・ドミニシはバンドを解雇されてしまう。
wikiでは「人間性・音楽性の不一致により」とあるが、やはり技術のバランスの問題ではなかったのか、と考えられる。
決してドミニシが下手だったわけではないが、彼らの超絶テクニックに見合った優れたヴォーカルを必要としたのだと思う。

 

そして1991年、カナダ人のヴォーカリスト、James LaBrie(ジェイムズ・ラブリエ)がオーディションの末、正式にバンドに加入する。
これがミラクルだったと思う。
彼の加入で、既にハイレベルで確立していたドリーム・シアターの音楽が完成を見たのではなかろうか。

 

1992年、バンドは3年ぶりのアルバム、ジェイムズ・ラブリエを擁して初のアルバムIMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)をリリース。
ドリーム・シアターがついにプログレッシヴ・メタルの旗手として、世界に羽ばたくのである。

 

今日はそんな1992年リリースのDREAM THEATER(ドリーム・シアター)の2ndアルバム、IMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)をご紹介したいと思います。

IMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)の楽曲紹介

オープニングを飾るのが、PULL ME UNDER(プル・ミー・アンダー)。

 

これこそ僕が最初に出会った、あのヘヴィなギターリフの含まれる楽曲である。
8分を超える長い曲だが、全く無駄がない
イントロのアルペジオも、ジョン・ペトルーシによる微妙な揺らぎが曲の印象を決定付けている。
そして、少しづつ楽器の音色が増えて行き、ついにあのヘヴィ・リフが登場、一気にメタルサウンドへ
イントロだけでたっぷり2分を費やしてるが、間延びは全くない。
そしてジェイムズ・ラブリエのヴォーカルが入る。
明らかに前作のドミニシとはキャラが違うし、ヴォーカルとしての魅力も違う。
ハイトーンに至るまで、彼らの音楽性を見事に表現している。

 

途中、スピードアップするところなんか、非常にスリリングだ。
マイク・ポートノイのドラムスが手数をたっぷりかけて、メタリックな疾走感を演出している。
ギターソロも、滑らかに速いメロディを奏でている。
またキーボードとギターのユニゾンは、ドリームシアターの特徴の一つだが、驚異的なテクニックを感じさせてくれる。
いきなり、この8分の楽曲で、ドリーム・シアターがどんなバンドかはっきりわかる。
しかし、これはほんの序の口に過ぎないのが、このアルバムのすさまじいところだ。

 

曲はぶつ切れのように終わる。
最初僕は録音をミスったのか、と思ったがこれは仕様であった。
どうやって曲を終えるかアイディアがなくて、最後はビートルズのI Want You (She’s So Heavy)のラストのアイディアを拝借したようだ。

 

この曲はこのアルバムからの1stシングルとしてリリースされ、ビルボード誌シングルチャートは第68位、同誌Mainstream Rockチャートで第10位を記録しています。
これは彼らの唯一のシングルヒットとなります。

 

2曲目はANOTHER DAY(アナザー・デイ)。

 

ここでいきなりバラードとなり驚かされます。

 

これがまた、美しすぎるバラードである。
ラブリエのヴォーカルが良すぎて、極上のバラードになっている。
展開がとても計算されているが、それぞれの楽器も引き立てあって異常に感情的に盛り上がれる曲だ。
サックスが入るのは意表を突かれるが、やはり上質な感じがあって見事に曲に溶け込んでいる。
また盛り上がったときは、バラードとはいえ、ポートノイの容赦ないドラムのフィルインがまた気持ちいい。
ペトルーシのギターソロも美しいメロディをなぞっています。

 

3曲目はTAKE THE TIME(テイク・ザ・タイム)。

 

いきなり変拍子から入ります。
イントロから、めっちゃひきつけられる、非常にかっこいいメタルっぽい曲だ。
ギターリフとキーボードが調和が取れているし、ドラムも見事にビートを刻んでいる。
加えて、この曲ではベースのマイアングの仕事ぶりも良く聴こえる。
かなり存在感のあるベースプレイを披露している。

 

そして、この激しい曲をラブリエはうまくシャウト気味に歌いこなしている。
サビではメタルからキャッチーなメロディの楽曲にシフトされて、このバンドの懐の深さを感じさせてくれる。
またギターソロは変拍子の入ったもので、ドラムやベースとのタイミングもばっちりだ。
メロディアスなソロも、アーミングで微妙なニュアンスを出すことを忘れない。
加えて、ソロ後のギターとキーボードとのユニゾンプレイがまたまた美しいしテクニカルだ。

 

この曲では、キーボードソロもたっぷりと用意され、ケヴィンのテクニカルプレイが楽しめる。
聴き所が満載過ぎて、濃いい楽曲だ。
そして、曲の終盤ではまたギターソロがゆったりとしたメロディを奏で、また別の曲のような顔を見せる。
これも8分超えだが、いろんな表現が凝縮された素晴らしい曲だ。

 

4曲目はSURROUNDED(サラウンデッド)。

 

また高次元な楽曲の登場だ。
美しいバラードのように静かに始まる。
ラブリエの声もとても美しく歌い上げている。
最初のパートが終わると、結構ロックなアレンジの曲に変わります。

 

結構な割合で変拍子が入っていて、プログレッシヴな雰囲気満載なのにも関わらず、メロディアスでキャッチーだという、優れた楽曲だ。
ディレイをうまく使ったギターソロも非常に心地よく聴ける。
中盤は非常に爽やかな印象を振りまいている。
とてもドラマティックな5分30秒である。
2曲目アナザー・デイと甲乙付けがたい名曲になってます。
最後はイントロ同様静かに幕を下ろします。

 

5曲目METROPOLIS, PART I: The Miracle and the Sleeper(メトロポリス)。

 

これがまたゾクゾクする名曲だ。
これは9分30秒を超える大作になっています。
これはどう表現したらいいだろう。
もう、震えが来るほど良く出来た素晴らしい楽曲だ。

 

ただ、初めて1回聴くだけではこの曲の良さはわからないかもしれない。
聴けば聴くほど、緻密に作り上げられた構成、そして、ふさわしいところでハイテクニックを駆使した楽曲のプレイたちに気付くことができる。
マイアングのベースソロ、からのキーボードとギターのユニゾンプレイの流れはもう悶絶ものだ。
中盤のテクニカルなインストコーナーに大注目である。
インストパートがたっぷりとってあって、一番の聴き所なのかもしれないが、やはりラブリエのヴォーカル抜きにはこの曲は語れない。
歌メロの美しさもあいまって、ラブリエが情感たっぷりに歌い上げてます。

 

4人の楽器、ギター、ベース、ドラム、キーボードの見せるテクニカルフレーズの応酬ではあるが、やはりそこに5番目の楽器であるラブリエの声が入ってこの9分30秒は完成するのである。

 

それにしても、各パートがテクニックがすごすぎるのに、良く考え抜かれた構成ゆえ全体がまとまっているという、ミラクルな楽曲である。
とにかく聞き込むことによって、この曲のよさがあふれ出してくるので、さらっと聴くだけでこの曲を判断しないで欲しい。
僕の中では、アルバム中最高の楽曲と思っている。
後に発表されるメトロポリスパート2がまた素晴らしいので、そちらにも注目して欲しい。

 

6曲目はUNDER A GLASS MOON(アンダー・ア・グラス・ムーン)。

 

この曲も7分超えの長い曲だが、いい曲である。
まずは、イントロのギターが聴かせてくれる。
オクターヴ奏法で曲の見事なイントロダクションになっており、惹きつけられます。
さらにこの後のメタリックな部分ではまた変拍子炸裂だ。
これを正確に叩き分けるポートノイと、弾き分けるペトルーシ、すごすぎです。

 

Aメロが始まると、ラブリエが伸びやかに歌い出す。
Bメロまでの間は爽快なハードロックのイメージだ。
そして、この曲のハイライトは、間奏パートだろう。
変拍子から始まって、ベースのちょっとしたソロ後に始まるギターソロ、これはペトルーシのキャリアの中でも5本の指に入るソロではなかろうか。
またその後に続くキーボードソロも決まっていて、怒涛のインストパートが終わる。
これもよく構成された見事の楽曲だ。

 

7曲目WAIT FOR SLEEP(ウェイト・フォー・スリープ)。

 

これはキーボードのケヴィン・ムーアによる楽曲だ。
キーボードのイントロが美しい。
わずか2分半の楽曲だが、優れたバラードである。
そしてこれは次の曲のイントロといってもいいだろう。

 

アルバムラストを飾るのはLEARNING TO LIVE(ラーニング・トゥ・リヴ)。

 

11分30秒と長いが、これもまたドリーム・シアターの音楽性がぎっしりと凝縮されていて、飽きさせない見事な楽曲である。
ただ、僕も最初はそのすごさに気付けなかった。
これも聴けば聴くほど味わいを増していくタイプの楽曲なのだ。
イントロでも得意の変拍子を交えながら、展開を始める。
ヴォーカルパートも少しずつ様子を変えながら、曲が進んでいく。
ヴォーカルを引き立てる、という考えはあまりないようだ。
歌の裏の演奏も、常に動いていて注目しなければならない。
そういう意味で楽器バトルにはヴォーカルも参加していると言えるだろう。

 

途中で、アコースティックなギターにより雰囲気が変わる。
このパートも各楽器のバトルに注目である。
それに負けじとハイトーンに歌い上げるラブリエの熱唱にも要注目だ。

 

曲の後半では前の曲のウェイト・フォー・スリープのイントロのピアノのメロディがなぞられる
ユニゾンでのそのメロディがやはりまた美しい。
最後もラブリエは熱く歌い上げている。
そしてベースがそれに続き、そこにドラムやギターが重なっていく。
そしてこの曲のテーマとなるメロディをギターが奏でながらフェイドアウトしていく。

まとめとおすすめポイント

この1992年リリース、1992年リリースのDREAM THEATER(ドリーム・シアター)の2ndアルバム、IMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)は、ビルボード誌アルバムチャートで第61位を記録しました。

 

このアルバムは、10000文字で語るより、聴いてもらって初めてその価値がわかるアルバムだと思う。
そしてプログレッシヴ・メタルと言われるだけあって、多少難解なところもあるだろう。
なので、1,2回聴いても理解できないかもしれない。

 

しかし、十分に聞き込むことによって、彼らの緻密な作品が脳裏に浮かび上がってくる
現代の忙しい生活の中で、そんなに何回も聴く暇はないかもしれない。
ただ、僕はそれが出来たので、すばらしいアルバムを楽しめたし、その後に続く多くの名作とも出会えた。
きっと当時聴きまくって、この作品を最高傑作と感じれた人は多いに違いない。

 

超絶技巧を駆使しているのにもかかわらず、メロディアスなキャッチーさも兼ねそろえているところも本作品の魅力の一つだ。
ヘヴィな楽曲でもサビは非常にキャッチーだし、バラードは限りなく美しい。
かといって単純なメタル、単純なバラード、ではなく、様々なところにテクニカルな部分が埋め込まれている。
普通に聴いても感動できるし、超絶技巧に気付いても感動できるのである。

 

このアルバムは非常に作りこまれた完璧な作品だが、ドリーム・シアターのすごいところは、それをほぼ完璧にライヴにおいて再現してしまうところだ。
本当に個々のメンバーが素晴らしいテクニックを有しているのである。
それにはやはり十分な努力がその技術を支えていることに間違いない。

 

世の中では既にグランジの嵐が吹き荒れ、旧態依然のバンドがことごとく駆逐されていく中で、彼らは超絶技巧のプログレッシヴ・メタルという新たなジャンルを切り開き、そこに活路を見出しました。

 

この名作の誉れ高いIMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)、多くの人に味わって欲しい。
それと共に、ドリーム・シアターにももう一度このレベルのアルバムを作ってもらえると、もっとうれしいのだが。

チャート、セールス資料

1992年リリース

アーティスト:DREAM THEATER(ドリーム・シアター)

2ndアルバム、IMAGES AND WORDS(イメージズ・アンド・ワーズ)

ビルボード誌アルバムチャート第61位 アメリカで60万枚のセールス

1stシングル PULL ME UNDER(プル・ミー・アンダー) ビルボード誌シングルチャート第68位、同誌Mainstream Rockチャート第10位

2ndシングル METROPOLIS, PART I: The Miracle and the Sleeper(メトロポリス) チャート圏外

3rdシングル TAKE THE TIME(テイク・ザ・タイム) Mainstream Rockチャート第29位

4thシングル ANOTHER DAY(アナザー・デイ) Mainstream Rockチャート第22位

 やっぱりライヴでそのテクニカルなプレイを目撃して欲しい。
 ↓ ↓ ↓

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!


にほんブログ村 音楽ブログへ