日本人好みの哀愁味あふれるハードロック SCORPIONS - LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)

SCORPIONS(スコーピオンズ)との出会い





1984年、MTVで迫力ある僕好みのバンドのPVを見つけてしまった。
バンド名はサソリを意味するSCORPIONS(スコーピオンズ)、ドイツのバンドだ。
僕の心を貫いたPVの楽曲はROCK YOU LIKE A HURRICANE(ハリケーン)だ。
PV自体は大した作品とは思えないが、その途中で見られる檻の中でのライヴシーンにはとてつもなく心を惹かれた。
かっこいい二人のギタリスト、そして、ちょっと頭髪は薄いようだったが美しいハイトーンヴォイスを駆使するヴォーカリスト
そしてハードなリフに、キャッチーなメロディ

 

どう考えても僕の好みなので、友達にその時リリースされていたアルバム、LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)をカセットに収録させてもらった。

SCORPIONSのLOVE AT FIRST STINGまでの歩み

結成は1965年という遥か昔なので、大雑把に、大事なとこだけかいつまんで述べていきたいと思います。

 

スコーピオンズはドイツの若者、Rudolf Schenker(ルドルフ・シェンカー)が結成したバンドで、最初は彼がギターとヴォーカルを兼ねていたようだ。

 

そして1971年に彼の弟である、ギタリスト、 Michael Schenker(マイケル・シェンカー)と、その後、スコーピオンズの顔として現在に至るまでヴォーカリストを務める Klaus Meine(クラウス・マイネ)が加入する。

 

翌1972年にはデビューアルバム、LONESOME CROW(恐怖の蠍団)をリリース。
マイケル・シェンカーが正式に在籍して出された唯一のアルバムで、弱冠19歳の才能あふれるギタープレイは堪能できます。
が、楽曲は後のハードロック路線ではなく、プログレっぽかったりサイケっぽかったりする要素が入ったりして、あまりまとまりがあるとは思えません。
wikiによるとクラウスは後にこのアルバムについて、こう語っています。

 

このアルバムの頃、我々は自分たちの道を見つけようと努めている若いバンドで、スコーピオンズのDNAを見つけるためにアーティストとしてのスタイルを形作ろうと努めていた

 

このように述べて、まだ、バンドの方向性が固まってなかったことを明かしている。
それでも、マイケル・シェンカーが世に出る前に既に感じられる天才的なプレイを堪能するにはいいアルバムと思われます。
アルバムのチャートの記載は見当たらず、まだ圏外と思われます。

 

そしてツアー中にUFOのギタリストが失踪、その穴を埋めるためマイケルはUFOに移籍することになります。
マイケルの移籍によりバンドは活動停止となるが、1973年、当時19歳Uli Jon Roth(ウリ・ジョン・ロート)がオーディションによりバンドに加入。
翌1974年には新たなラインアップで2ndアルバムFLY TO THE RAINBOW(電撃の蠍団~フライ・トゥ・ザ・レインボウ)をリリース。

 

今回はマイケルに代わったウリのエレキギターをフィーチャーしたハードロック作品だ。
彼らの最初に歩むべき道が決まったアルバムとも言えるだろう。
その後のアルバムで聴かれる、ギターオリエンテッドなハードロックという方向性を決めた作品として一つのターニングポイントと言えます。

 

1975年には3作目のアルバムIN TRANCE(復讐の蠍団 ~ イン・トランス)を発表。
このアルバムでは前2作にみられたいくらかの実験的な音楽から、純粋なハードロックに変わっていくことで将来の世界的な成功の基盤になったアルバムとされています。
2曲ほどで、ウリのヴォーカルが聴けるが、やはりクラウスのハイトーンヴォイスあってのスコーピオンズだと、個人的には思います。

 

続く1976年にはVIRGIN KILLER(狂熱の蠍団~ヴァージン・キラー)をリリース。
ジャケットアートが発禁になるなど、音楽と別の面で話題を振りまいたアルバムだ。
しかし、音楽性に目を向けてみると、前作よりいっそうストレートなハードロックに変わっています。
キャッチーなハードロックも含まれ、どんどん聴きやすくなっていってます。(僕の好みに近づいていっている)

 

1977年には5枚目のアルバムTAKEN BY FORCE(暴虐の蠍団 テイクン・バイ・フォース)をリリース。
これはウリ在籍中の最後のスタジオアルバムとなります。
ますますキャッチーな楽曲が増え、僕好みとなっているが、このようなコマーシャル志向になったバンドを嫌ったウリが脱退を決意することになりました。
アルバムはよく出来たハードロックだ。
これをウリが気に入らない理由がよくわからないが、とにかく彼はバンドを去ることを選んだのだ。
彼のギタースタイルは後のYNGWIE MALMSTEEN(イングヴェイ・マルムスティーン)に多大な影響を与えた。
実際、このアルバムの5曲目THE SAILS OF CHARON(カロンの渡し守)はイングヴェイによってカヴァーされたりもしてます。
このようにスコーピオンズでのキャリアにおいて、4枚のアルバム、優れたギタープレイや楽曲を残し、彼は別の道を歩むことにしたのです。

 

翌1978年には来日し、5回の公演を行なっています。
他の国より、日本ではヘヴィメタルやハードロックの熱いファンが多く、スコーピオンズも熱狂的に受け入れられました。
ウリも既に脱退を発表していて、スコーピオンズの一員として最後のプレイを披露する。
このライヴは同年、彼らの初のライヴアルバム、TOKYO TAPES(蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ)としてリリース。
日本の熱狂的なファンのために荒城の月や、君が代が演奏され、前者はアルバムに収録されています。(2015年のリマスター版にはボーナストラックとして君が代も収録)
日本語で歌い上げられる荒城の月は、クラウスの美しい声による絶品だし、ウリのギターも雰囲気ピッタリに泣いています。
またファンの間に湧き上がった合唱は感動的ですらあります。
このような外国のアーティストによるサービスは大歓迎である。
このライヴアルバムを最後にウリが脱退し、オーディションにおいて140人のギタリストの中からは見つけられず、地元に帰り、そこで見つけたMatthias Jabsマティアス・ヤプス)がバンドに加入することになります。
結果的に、これが世界的な成功への大きなきっかけとなりました。

 

1979年、6枚目のスタジオアルバム、LOVE DRIVE(ラヴ・ドライヴ)をリリース。
アルバムには1stアルバムの際にギタリストとしてメンバーだったマイケル・シェンカーが数曲参加するが、ツアーの途中でまたも脱退。

 

ついにアルバムはアメリカで50万枚を売り上げ、ビルボード誌のアルバムチャート55位を記録、その他の国でもヒットし、ドイツのハードロックバンドが世界に飛翔するきっかけとなった。
このアルバムは、これから続く、ハードロックとメロディアスなバラードというスコーピオンズの一つの型を強固にしたものとみなされている。

 

後にクラウスはこのように述べている。

マティアスが加入したとき、我々は我々のスタイルを見つけた
それは速いギターリフと素晴らしいメロディ、それとともにパワーバラードだ。

 

まさにこのアルバムではメロディアスでキャッチーなハードロックと、美しいバラードを楽しむことが出来る。
ついにスコーピオンズの最高の形が確立された瞬間だ。

 

その勢いのまま、1980年にはANIMAL MAGNETISM(電獣~アニマル・マグネティズム)を発表。
中身は引き続きキャッチーなハードロックである。
アルバムはアメリカで100万枚を売り上げて、チャート52位を記録する。
アルバムの中の一曲、バラードのLADY STARLIGHT(レディ・スターライト)では、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、オーボエなどの管弦楽器を導入している。
このチャレンジは、彼らのバラードがオーケストラなどにも通用する美しいものであることを証明したと思います。
後に、2000年に、MOMENT OF GLORY(栄光の蠍団〜モーメント・オブ・グローリー)という、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との競演ライブアルバムを発表するのだが、その種は、この時点でまかれていたと言えるでしょう。

 

1981年、バンドは大きな危機を迎える。
ヴォーカルのクラウスが声帯を痛め、手術を余儀なくされるのである。
治療、リハビリの間のアルバム製作時のデモでは、Don Dokken(ドン・ドッケン)がヴォーカルを務めたようです。
しかし、治療に成功し、復帰を果たします。

 

あの声こそスコーピオンズだろうから、本当にファンはホッとしたのではないでしょうか。

 

そして1982年についに大ブレイクを果たす。
アルバム、BLACKOUT(蠍魔宮〜ブラックアウト)はNO ONE LIKE YOU(官能の夜)のシングルヒット(’シングルチャートで65位、メインストリームロックチャートではなんと第1位)もあって、大ヒット。
アメリカで100万枚を売り上げ、アルバムチャート第10位を記録。
その他の国々でも大ヒットとなった。

 

このように上り調子のときに僕は出会ったのだ。
大ヒットアルバムBLACKOUT(蠍魔宮〜ブラックアウト)に続く次のアルバム、1984年リリースのLOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)だ。

 

これがたまらなくかっこよかった。

 

今日は1984年リリースの、SCORPIONS(スコーピオンズ)の9thアルバム、LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)をご紹介します。

名盤 LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)の楽曲紹介

アルバムのオープニングはBAD BOYS RUNNING WILD(バッド・ボーイズ・ランニング・ワイルド)。

 

キラキラと輝くガラスの破片のような、スライドを多用したマティアスのエレキギターによるイントロが印象的だ。
それに続くルドルフの切り裂くような激しいギターリフ、かっこよすぎるハードロックチューンの幕開けだ。

 

クラウスも余裕あるハイトーンヴォイスで、歌い上げる。
サビは合唱だ。
絶対ライヴで盛り上がるに違いない。

 

このバンドのツインギターは他のハードロックバンドと少し異なっている。
リード専門のマティアスと、バッキング専門のルドルフとに別れているのだ。
なので、よくある、ソロをハモることはあまりない。
それぞれのプレイに専念している。
マティアスのリードプレイがうまいのは言うまでもない。
特筆すべきはルドルフだ。
時々リードソロを弾くこともあるが、基本的にはバッキングに徹している
それがカミソリのように鋭く、キレッキレの重厚な音なのである。
パワーコードがメインなので、スコアなどで見ると、なんだ、僕も弾けるやん、って思ってしまいがちだ。
が、彼のプレイのニュアンスまでは到底出せない。
「近寄るな危険」とでも言っているかのような、ヘヴィで、破壊力のあるバッキングなのだ。
マティアスのリードギターはもちろんのこと、縁の下の力持ち状態のルドルフのカミソリバッキングに注目して、アルバムを聴いてほしい。

 

2曲目は、ROCK YOU LIKE A HURRICANE(ハリケーン)。

 

カミソリ来たーっ。

 

いきなり切り裂くようなギターリフ。
ルドルフの真骨頂だ。
歌詞の中にlove at first stingと入ってることからわかるように、アルバムのタイトルソングとも言える重要な曲だ。

 

まさにこの楽曲は、今まさにノッている彼らの全てが凝縮されたようなかっこいいハードロックだ。
イントロのルドルフのカミソリリフの上に乗っかる、マティアスのソロ、この組み合わせ、最高ではないでしょうか。
もう、超絶にかっこよすぎて、気を失いそうだ

 

そして、抑え気味に始まるクラウスのヴォーカル。
曲が盛り上がるにつれ、ヴォーカルの力も増して行く。
ドラム&ベースも見事に楽曲を作り上げている。
まったく隙が無い楽曲ですね。

 

ギターソロパートでは、マティアスのリードソロプレイと、やはりルドルフの安定したバッキングの対照的なツインギターにも要注目だ。
クラウスのシャウトも最後まで曲を盛り上げ、Here I am!!!でスカッと曲は終わる。

 

完璧だ、もうしびれるしかない。

 

この曲はアルバムの先行シングルとしてリリースされ、ビルボード誌シングルチャートで第25位を記録、また同誌Mainstream Rockチャートでは第5位をマークしている。

 

3曲目はI’M LEAVING YOU(アイム・リーヴィング・ユー)。

 

イントロのドライブ感いっぱいの太いギターの音色がたまらない。
この曲は少し、メロウなロックと言える。
しかし、エレキギターの使い方が、やはりハードロックのそれである。
キャッチーでメロディアスな楽曲だが、ギターオリエンテッドであることは変わらず、上質のロックを楽しめる一曲になっています。

 

4曲目は、COMING HOME(カミング・ホーム)。

 

これはかなりな名曲ではないでしょうか。
アコースティックなアルペジオをバックにクラウスが静かに歌い出します。
その歌が優しく、とても心に残る。
ひとしきり歌って、静かないい曲だ、としんみりきてるところにエレキの静かなメロディが重なっていき・・・

 

突如超疾走感のあるハードロックに早変わりだ。
歌メロは全く一緒だが、バックが完全なハードロックサウンドへ

 

似たような展開の曲は数曲知っているが、その中でも飛びぬけてこの曲がかっこいいと思う。
けっこうヘヴィなアレンジがそう感じさせるのだろう。
重いドラムに、切れ味鋭いツインのエレキギター。
美しいバラードと、スピード感あふれるハードロック、一粒(一曲)で2度楽しめることを保証します。

 

5曲目ははTHE SAME THRILL(ザ・セイム・スリル)。

 

エレキのイントロに、速いスネアドラムの連打がかっこいいイントロとなっている。
そして曲もスピード感あふれる、それに乗せて、エレキも弾きまくっている。
ハードロックとして十分に楽しめる楽曲だ。

 

B面1曲目はBIG CITY NIGHTS(ビッグ・シティ・ナイツ)。

 

この曲は非常にキャッチーなハードロッとなっています。
この曲のギターソロはルドルフによるものだ。
特段ハイテクではないものの、メロディアスなソロを聴かせてくれる。
さすがスコーピオンズの屋台骨である。
楽曲全体もとても覚えやすく聴きやすく、この時期のスコーピオンズの音そのものである。
この曲もPVが作られてて、MTVでやたらオンエアされてたことが思い出される。

 

この曲は3rdシングルとしてカットされていますが、チャートインはしていません。

 

2曲目はAS SOON AS THE GOOD TIMES ROLL(グッド・タイムズ・ロール)。

 

この曲も2本のギターの弾きわけが対照的でよい。
また歌メロもメロディックで心地よく聴ける曲だ。
アルバムの中では少し弱い曲かな、って感じはするけど、悪くはないです。

 

3曲目は、CROSSFIRE(クロスファイアー)。

 

これは全編通してマーチングドラムのような音がシリアスな印象を与えているかっこいい曲です。
軍隊を思わせるような雰囲気の楽曲で、途中のギターの入り方などがスリリングな印象も与えています。

 

アルバムラストは、STILL LOVING YOU(スティル・ラヴィング・ユー)。

 

スコーピオンズお得意のパワーバラードである。
この全編マイナー調の感じが、日本人の感性ともしっくりくるのだ。
彼らが日本でのライヴで荒城の月を演奏したのも偶然ではないのだ。
また、クラウスの声が美しすぎる曲でもある。
静かなささやくような歌声から、ハイトーンに至るまで、彼の声は聞きほれてしまう。
美しい声に頭髪の量は無関係なのだ、と励まされてしまう。
加えて、要所でツボをついたエレキのトーンとメロディが、曲を美しく盛り上げる。
ほとんどのソロ部分は、マティアスによるものだが、PVを見る限り、最後のアウトロのソロはルドルフによるもののようだ。

 

この曲は2ndシングルとしてカットされ、シングルチャート第64位、Mainstream Rockチャートで第36位を記録しています。

 

このようなパワーバラードはスコーピオンズの大きな特徴の一つだ。
ただのハードロックバンド、というだけではない、美しい旋律によって彼らは世界で受け入れられるスーパーバンドになっていったのだ。

 

美しいメロディを奏でながら、アルバムは幕を閉じる。

 

極上のハードロックアルバムだ。

 

まとめとおすすめポイント

1984年リリースの、SCORPIONS(スコーピオンズ)の9thアルバム、LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)はビルボード誌アルバムチャートで第6位、アメリカで300万枚を売り上げました。
方向性はここ数作変わっておらず、やはり多くのライヴを積み重ね、人気を獲得し、機が熟したタイミングがここだったのだと思われます。

 

それにしても、マティアス加入後、一貫して貫いている彼らのスタイル、スピード感のあるリフと素晴らしいメロディ、そしてパワーバラード
この彼らのポリシーの集大成がこのアルバムではなかろうかと思いますね。
ただゴリゴリと激しい曲を演奏するだけでなく、彼らの曲にはいつも素晴らしいメロディが伴っています。
そこが多くのヘヴィメタルやハードロックと呼ばれるバンドの中で際立っているのだ、と思えます。
特に、バランスよく現れるパワーバラードの美しさ。
そのようなメロディアスな面とそれを美しく歌い上げるクラウスのヴォーカルがあるので、ドイツでは国民的バンドとみなされているし、50年を過ぎてもいまだに活動できているのではないでしょうか。

 

僕の個人的な意見としては、50年を超える彼らのキャリアの中で、もっとも輝いているのがこのアルバム、LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)だと思っています。

 

彼らの作り出すメロディアスなハードロックとパワーバラードを多くの人に体験して欲しいと願います。

チャート、セールス資料

1984年リリース

アーティスト:SCORPIONS(スコーピオンズ)

9thアルバム、LOVE AT FIRST STING(禁断の刺青)

ビルボード誌アルバムチャート第6位 アメリカで300万枚のセールス

1stシングル ROCK YOU LIKE A HURRICANE(ハリケーン) ビルボード誌シングルチャート第25位、同誌Mainstream Rockチャート第5位

2ndシングル STILL LOVING YOU(スティル・ラヴィング・ユー) シングルチャート第64位、Mainstream Rockチャート第36位

3rdシングル BIG CITY NIGHTS(ビッグ・シティ・ナイツ) チャート圏外

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギターから電子ピアノ、管楽器、民族楽器まで品揃え豊富!


洋楽ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 1980年代洋楽へ
にほんブログ村