リスクを減らすために、投資金額は余剰資金内で





例えば、100万円の投資資金を準備したとします。
それを投資して、年で10%のリターンを得たとしたら10万円の利益を得ることができます。
では、200万を投資できてたらどうでしょうか。
10%のリターンで、20万円の利益となり、前者の2倍の利益が得られます。
また極端に言えば、1億円の投資資金があれば、10%でも1000万円の利益となるわけです。

 

そこに、複利効果の力を合わせると、投資金額が大きければ大きいほど、速く効率的に利益を得られることになりますね。
このことからはっきり言えるのは、原資となる投資額が大きければ大きいほど、リターンは大きくなる、ということです。
なので、金持ちはいっそう大金持ちになっていく理由が容易に理解できるでしょう。

 

では、できるだけお金をかき集めて集めうる最大限のお金を投じるのが賢明なのでしょうか

 

僕は金持ちではない、小規模個人投資家ですので、いきなり多額の資金を投じることはできません。
なんとか貯金をかき集めて、株式投資のために150万を準備することができました。

 

しかし、これは僕の集めうる、最大限のお金ではありません
余剰資金ということになります。
個人投資家が株式投資を始める上で、投資金額を余剰資金内でおさめておく、ということはリスク回避のためにとても重要なこととなります。
この記事ではその理由について語っていきます。

投資資金として全力投球するリスク

余剰資金ということは、当面使う予定や必要のないお金です。
そのような余ったお金を投資に回すべきなのです。

 

もし仮に、車の車検代、家賃、生活費、もろもろの保険や税金など、必ず近いうちに必要となる費用分も全額を投資にあててしまうならどうなるでしょうか。
もちろん、前述のとおり、投資金額が大きいほうがリターンは大きくなります。
なので、うまくいけば速く大きくもうけることができます。

 

しかし、失敗したときにはどうなるでしょうか。
これまでにも見たように、投資先が倒産や上場廃止するなら大きく損失を被ることになるでしょう。
また、うまく業績のよい会社を見つけて投資していたとしても、株価は短期では道理に合わない動きをするので、しばらく下落期間が続くかもしれません。
いずれは好業績に伴って上昇する、と確信していても、下落で含み損を抱えている状態で長く保有しているあいだに生活の出費のためにお金が必要となったらどうなるでしょうか。
やむなく、持ち株を売却して必要なお金を捻出する必要が出てくるでしょう。
そうなれば、長期での利益をもくろんでいたはずが、利益が出る前に損切りして損失を確定してしまうことにもなるのです。

 

僕のようにまだ働いている人ならば、まあ何とか労働収入で損失を取り戻すことは不可能ではないかもしれません。
しかし、退職金をもらって、老後の生活のための資産運用として株式投資を行なう方などが全額を投資に当ててしまうと、前述のように失敗したときには、老後の生活が貧困状態に陥り、取り返しのつかないことになりかねないのです。

投資金額は余剰資金の範囲内で収めるのが賢明

これらのことから何が言えるでしょうか。

 

投資金額を余剰資金の範囲内でおさめておく、ということです。
言い方を変えれば、もし、万が一投資金額が0になったとしても大丈夫な金額でおさめておく、ということです。

 

先ほど言いましたが、僕は150万ほどを投資に当ててスタートしましたが、万が一失敗して0円になったとしても大丈夫な金額に抑えているつもりです。
もちろん、150万円を失うのは、とても大きな痛手ではありますが、命に関わったりその後の生活が全くできなくなることはない、という意味です。
このように余剰金額の中で株式投資を行なうなら、損したら大変なことになる、といった焦りや苛立ちによる感情によって、正しい売買戦略を見失うリスクも避けることができるのです。
落ち着いた精神状態で、長期的にゆったりと投資していくスタンスが持てれば、理性的な投資戦略を続けることができます。
このように感情に揺り動かされて正しい戦略を見失うことが、やってはいけない間違いの大きなものと言えるのです。

 

とはいえ、以前の記事などでも述べたようなリスクを最小限に抑える手法をしっかりと行なっていれば、まあ、投資金額がゼロになるということは可能性はかなり低いです。
リーマンショックなどの大きな暴落に対しても、正しい戦略を理性的に取っていければ、うまく乗り越えることができることも過去の歴史から学ぶことができています。(これに関してはまた別の記事で。)

 

ですから、「速く大きく儲けたい」、と、誰もが願うことではありますが、そこはじっくり我慢強く投資に関わるのが、最善だと思っています。
やはり、てっとり速く儲けようとして、リスクを過小評価した多くの人たちが、巨額の損失を被ってきた、というのが株式市場の歴史でもあるのです。

今日のポイント

投資金額は余剰範囲内でおさめることで、リスクを最小限に抑える!

てっとり早く儲けるための全力投球ではなく、リスクを抑えながらじっくり長期で利益を得る!

 

次回は、短期ではなく中長期投資を選んだ理由について語りたいと思います。